リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年11月15日号 大掃除スイッチ、オン プロ直伝の技でピッカピカ!【キッチン・浴室そうじのコツ】
2019年11月15日号

大掃除・プロ直伝の技でピッカピカ
【そうじのコツ】
2019年11月15日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
参加無料【今年も盛りだくさん!!】ヒューマンフェスタ2019ひろしま開催情報。毎年12月の人権週間(12月4日〜12月10日)中に開催している総合的な人権啓発イベント!今年も2Days! 「だれもがいきいきと生活できる社会」の実現をめざして〜「気づき」から「きずな」へ〜
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪秋のボディー改造プロジェクト★今年こそシェイプアップしたい皆さん、リビングカルチャー倶楽部の好評企画「秋のボディー改造プロジェクト」がお勧めです ★カルチャー倶楽部NEWS
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪ リビングペーパードライバー教室 リビングカルチャー倶楽部では、好評の「ペーパードライバー教室」をこの秋も開講します★高陽自動車学校★広島モータースクール★ロイヤルドライビングスクール★
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

広島女子LIFE図鑑 〜働くママ編〜

食材のことを知りたい! 10数年ぶりに再就職

<Data>藤城沙都子さん(37歳) 家族:夫、小6男児、小4女児
出産を機に退職。10数年の専業主婦を経て、2017年よりパート勤務
ライフスタイル:1日の家事時間:2〜3時間
家事分担:妻=主に炊事、夫=休日の掃除、夫婦=洗濯、子ども=配膳準備、洗濯物たたみ
1日の自分時間:1〜2時間(ジム・読書・愛犬と遊ぶ)
 

STEP1:きっかけは子どもの夏休み

 出産後、家事・子育てを楽しんでいた藤城さん。下の子が小学生になった夏休みに、気持ちの変化が訪れます。「宿題しなさい」「兄弟げんかをやめなさい」と叫ぶ日々…、「このまま一緒にいたら、自分にも、子どもにも良くない。親離れ・子離れの時期かな」と再就職を決意したそう。そして、今までやったことがないこと、知り合いがいないところなど、全く新しい場所で働こう、と職探しをスタート。
 

STEP2:“料理好き”を生かした選択

 料理上手な藤城さん、これまで「リビングひろしま」でも、彼女のアイデアレシピを度々紹介してきました。「次は食材に目を向けたい」と、生鮮食品やこだわりの食材が並ぶ、LECT内の「わくわく広場」に就職。働き始めてからは、「今まで見たこともなかった野菜を知ることができました。料理好きなお客さんたちと“こんな食べ方をしたらおいしいよ”と教え合えるのもうれしいです」
 

■糖度計で測るのがクセに

研究熱心な性格から、糖度計で野菜の甘さを測るのがクセになったそう。お客さんに「どのトマトがおいしい?」と聞かれたら、「甘いのと、酸味があるの、どちらが好きですか」と聞いて、商品選びをサポートするのも喜びに

■レシピを考案してポップづくりも

料理の腕を生かし、食材を購入して、自宅で調理し、写真撮影。レシピカードを作って、店内に掲示することも。「オススメした商品が売れると、うれしいです」

■「パンマルシェ」を企画

スタッフ全員で行った企画会議で、藤城さんが提案したのが「パンマルシェ」。広島の7、8店のパン屋さんの商品がずらりと並ぶ人気企画に。「好きなモノを仕入れたりと、自由度が高いのもやりがいに。次回9月14日(土)・15日(日)の開催に向けて準備中です」
 
●家族が変わったこと
お手伝いをしてくれるようになりましたね。子どもも大きくなり、みそ汁を作るのは娘が担当。週末に兄妹でご飯を作ってくれることもあります。時間はかかりますけど、絶対に口は出しません。

●働くことで、意外な発見も
朝一番に、私が仕事に出掛けて行くのですが、それが心地いいんです。朝食は、ご飯とパン、フルーツや野菜などを準備して出掛けます。あとは、娘は小2のころから自分でおむすびを作って食べ、息子はパンを焼き、夫はパンとご飯を食べて出掛けています。もし最後に私が出ていたら、きっと家族の準備が気になったり、あれこれ片付けたくなっていたと思います。

●これからの夢
40年後に、夫と手をつないで散歩に行けるのか、それとも電動カートで並んで乗っているのか…。それが気になります。子どもが習い事をしている間に、夫婦でジムに通い、タンパク質を重視して、野菜をしっかりとれるような食事を考えています。40年後も夫婦で生き生きと暮らすことが夢です。
 
 
●スキルの棚卸し
大学時代に一人暮らしをしていたとき、外食をするよりも自分で作った方がおいしいと思ったのが、料理が好きになったきっかけ。そこから、食生活アドバイザー、フードコーディネーターの資格を大学時代に取得。料理が楽しくなり、全国放送のテレビ番組の料理コンテストに出場したり、料理サイトのレシピコンテストに応募するなど、専業主婦時代にもさまざまなことに挑戦。

取材協力

わくわく広場 レクト広島店
広島市西区扇2-1-45 1階
営業時間:10:00〜21:00
 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2019年9月6日号)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt